蓮華山相撲協会

 

蓮華山相撲場から、力士の美声が聞こえてくる

 
ホーム
 

歴史・由来
ちびっこ相撲
神事相撲
子浦の法事
子浦出雲神社
 
 
 
関係団体
石川県相撲連盟
 
 
 
 
 
 
 
【蓮華山相撲協会】
事務所:宝達志水町子浦甲27番地
TEL:0767-29-4130
 
 
 
 


平成29年度開催日 10月14日(土)

子浦の蓮華山の麓の相撲場から、相撲甚句で「敷浪出てから、鍵取り着けば、汽車の汽笛がポッと鳴る、見る見るうちに、子浦の中橋越せば能登の名所の蓮華山」とうたわれている。
土俵上には地方力士の肉弾相打つ熱戦が続き、声援も盛んです。

相撲どころの能登地区でかつて、鉄道の駅ごとにというほど、神社や寺院の奉納相撲があったといわれています。
今では残りわずかになった奉納相撲の双璧といえるのが、宝達志水町子浦の「蓮華山相撲」と羽咋市の「唐戸山相撲」である。

蓮華山の麓の相撲場には、加越能三州から力士が集まる。土俵の四方にかがり火がたかれ、「約650年の伝統を誇る」とうたわれる
蓮華山相撲は力士の土俵入りや相撲甚句も催され、その名のとおり「大相撲」の風格をもっています。